第三者使用申請

  1. 正会員および準会員以外のゼネコン(第三者と呼びます)が工法の使用を希望される場合は協会事務局へご連絡ください。物件ごとに審査、許諾を行います。なお第三者が使用できるCTP工法の杭径は800mm以上2500mm以下です。
  2. ご依頼により当該物件に対する工法有効性の事前検討を協会にて実施し、結果(杭断面等技術的内容のみ)を回答します。適用の是非を判断のうえ、工法使用申請を行っていただければ、協会審議を経て使用の許諾を回答します。なお、CTP工法の使用料は1件あたり20万円~30万円です。詳細は事務局へお問い合わせください。

設計プログラム使用規定

  1. 設計および施工の指導は、協会として行いますが、工法独自部分の解析については、第三者自身が行うことになります。
  2. 解析に当たっての「CTP工法設計プログラム」を用意していますが、第三者への直接の貸し出しではなく、第三者が主体的に契約する外注設計事務所への貸し出しとなります。
  3. 協会は、外注設計事務所と覚書を締結して無償貸し出しを行います。