目的

本協会は、キャプテンパイル工法に関する情報の収集、提供、導入普及の促進に資するとともに、杭頭半固定工法の健全な発展を図り、社会に貢献することを目的とします。

役割

1.キャプテンパイル工法の普及・啓発活動を行います。
2.キャプテンパイル工法の技術支援や施工支援を行います。
3.会員への情報提供等のサービスを行います。

構成会社

キャプテンパイル協会は、正会員会社として

の10社、準会員会社として
の10社、賛助会員として
の4社、ならびに特別協賛会社として
の6社で構成されています。

2007年度以降、準会員を募集しています。

組織図

2006年4月6日 キャプテンパイル協会設立
組織図.jpg

協会概要

  名  称 : キャプテンパイル協会

  会  長 : 中岡 章郎
          株式会社長谷工コーポレーション 技術研究所

  副会長 : 新井 寿昭
          西松建設株式会社 技術研究所

  事務局 : 〒141-8639
         東京都品川区東五反田2-17-1 オーバルコート大崎マークウエスト
         高周波熱錬株式会社 製品事業部内
         村田 義行

  専任事務局 : 許斐 光生

  会員数 : 正会員 10社
         準会員 10社
         賛助会員 4社

準会員入会案内

<準会員>
本会の趣旨に賛同し、入会を希望されるゼネコンは、協会事務局へご連絡下さい。所定の手続きのうえ、協会理事会に諮り、承認のうえ準会員となります。

<準会員の特典>

  1. 本工法に関する日本建築センターの「キャプテンパイル工法(場所打ちコンクリート杭用杭頭半固定工法)」に係る一般評定に関わる基本的な技術資料ならびに設計プログラム(適宜メンテ、改良されたもの)の提供を無償にて受けることができます。

  2. 技術・施工部会活動を通じて、本工法に関する最新情報、技術資料を得ることができるとともに、設計・施工等の問題についての解決、改良・改善の検討に参画することができます。

  3. 本工法を自由に使用できます。

<入会金・会費>
入会金:50万円
会 費:20万円(年額)