アクアリウムの世界

高橋 絵里,三井住友建設

技術部会でお世話になっております三井住友建設の高橋と申します。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

monthly201901_1.jpg monthly201901_2.jpg

外に出かけることが少ない私、東京スカイツリーの展望デッキに上がったことはありませんが、東京スカイツリーのふもとにあるすみだ水族館は年間パスポートを所有しており、数少ない行動範囲のひとつです。
水族館で人気の展示といえば、巨大な水槽を遊泳するジンベエザメ、イルカのショー、最近はクラゲの展示に力を入れている水族館も多いと思います。すみだ水族館での私の目当ては、入館して最初に出現する「自然水景」のゾーンです。
水槽にいきものと一緒に水草を配置して光を当てることで、水槽の表面からは光合成によって酸素が発生し、いきものはこの酸素で呼吸し、水草はいきものが放出する二酸化炭素で再び光合成を行って酸素を放出します。(実際には生物の力だけで全てのバランスを保つのは難しいので、人工的に二酸化炭素を水槽に添加しています。)
このように自然の生態系を表現することはネイチャーアクアリウムと呼ばれています。とても美しく、芸術的でもあります。

monthly201901_3.jpg

ところで、水族館に行くと「オサカナオイシソウ・・・」となるのは水族館あるあるですよね。すみだ水族館から歩いても行ける、野口鮮魚店はとっても美味しい海鮮丼がいただけますのでおススメです。

2019年1月