うさぎ暮らし

舟木秀尊,奥村組

monthly201605_1.jpg
monthly201605_2.jpg

 最近、我が家にうさぎがやってきました。ペットうさぎの中で最も小さい「ネザーランドドワーフ」という品種です。オランダで発祥したうさぎで、成長しても体重は1kg程度のため、そのような名前が付いています。大人になっても子うさぎのような愛らしさで人気のうさぎです。これまで我が家では、子供たちが観察するために、金魚、メダカ、カブトムシ、クワガタといった生き物を飼ったことはありますが、ペットと呼べる動物と暮らすのは初めての経験です。

 日常生活での変化といえば、うさぎ暮らしは2月から始まったので、寒さ対策のためエアコンは24時間つけたままとなり電気代がアップ。また、犬や猫のようにペットホテルで一時的に預けることが難しく、旅行の際にはうさぎが泊まれるところを探して連れて歩き、大型連休はペットキャリーを片手に電車で帰省するなど、お世話グッズを持参しての大移動となりました。

 うさぎの仕草は、牧草を食べる、跳ねる、立ち上がって見まわす、寝ころぶなど、どれをとっても癒されるのですが、何といっても両手で顔を洗う姿が一番のお気に入りです。ラグビーのゴールキックで話題となった両手を合わせるルーティンポーズと似ており、その動作が始まるとケージのまわりに家族で集まって注目の的です。カラダは小さくても存在感たっぷりのネザーランドドワーフ、皆さんも癒しのうさぎ暮らしはいかがですか。

 キャプテンパイル工法との関わりは、開発キックオフの2004年4月からとなります。あれから12年が経過し、マンスリーコラムも3回目の登場となりました。引き続き、施工部会や企画部会にて昼に夜にお世話になりますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

2016年5月